LookBook

まるでゆっくり、呼吸するように。
使い込むほど空気を含んで、ふっくら、やわらかな豊かさを増してゆく
「育てるタオル」で作ったラウンジローブに袖を通せば、
心地よさとともに、心も解き放たれる。

ふわりとまとえば、しなやかに体のラインに沿うような、やさしい着心地。
「育てるタオル」と同じ素材のローブは、驚くほど軽やかだ。
糸に何層もの空気をはらんでいるから、冬場は暖かく、
汗ばむ季節は風と仲良し。いつだって“快適”で、手放せなくなる。

家の中でくつろぐ時や、近場のカフェで過ごす時でさえ、
ゆったりとスマートに着こなせる、オーバーシルエット。
ローブをさらりと羽織り、心地よさに包み込まれた瞬間、
そこは自分だけの「ラウンジ」になり、「くつろぎ空間」になる。

ストレスフリーの着心地を叶えるために、
縫い目を最小限に抑えたパターンにこだわり、
ベルトや内側に配したポケットも、存在を感じさせない薄手の生地に。
どこにいても寄り添ってくれる一枚に、つい手が伸びる。

時にはカーディガンのように、時にはガウンコートのように、
もちろんバスローブとしても……オールマイティなリラックスウェアとして
毎日愛用したくなる。「育てるタオル」のラウンジローブを着るだけで
感じられる心地よさとくつろぎは、いつだって“自由”だ。