News & Topics

育ちはじめたその瞬間をお届けします。

2019.04.05|newsproducts

プロが洗ったタオル/育てるタオルMARQUE特別限定版。

綿を傷めず丁寧に美しく、プロの手によって仕上げた「プロが洗ったタオル」。綿にとって負担の少ない洗い方で、より長く心地よさを保ちます。

141770533_02

 

新しい水のクリーニング「Licue」

洗濯代行サービスで話題のWASH&FOLD(ウォッシュアンドフォールド)のもう一つの顔「Licue(リクエ)」。プロの水洗いブランドとして、「水のクリーニング」を行っています。
2018_05_11-10-min

「高品質」・「安心」を追求した石油系、有機溶剤を一切使用しない水洗いクリーニングで、低刺激だから敏感肌のお客様も安心してご利用いただけます。

1回目の洗濯で育ちはじめる「育てるタオルの良さ」をどのようにしたらしっかりと伝えられるのかを考え、プロの洗濯士さんと話し合い商品化しました。

プロの手により丁寧に仕上げるからこそ、より空気を含み吸水もアップし乾きやすさが更に増します。
2018_05_11-9-min

 

プロの仕上げで「育ちはじめた」洗いたてのタオルを体感

育ちはじめたその瞬間をお届けしたくて生まれた、ワンウォッシュタオル®。

洗うことでどんどん心地よくなる、それが「育てるタオル」です。一回のお洗濯でももちろん育てるタオルは育ちます。ただし、この画像はまだ育ちはじめたばかり。ご自身の手で、この後は育ててあげてください。
141770533_04

※(左)洗濯後、(右)洗濯前

 

MARQUE グラン(バスタオル)
141770533_00
MARQUE ドゥミ(フェイスタオル)
142049635_00
MARQUE ラウンジローブ
142443374_00

 

プロが洗ったタオルの仕組み

プロの洗濯士さんにタオルを育てる技を解説いただきました。

2018_05_11-11-min

 

実際にその技術の現場に潜入しました!

2018_05_11L-0-min

 
小さな洗濯機(8kg 機)で丁寧に洗います。ドラム式洗濯機はドラムが回転し、洗濯物を持ち上げ、下へ落とす「たたき洗い」で汚れを落とします。

2018_05_11L-6-min

 
洗濯物の量はドラムの半分くらいが目安です。適切な量の洗濯物をたっぷりの水で洗ってください。洗濯物の量が多いと、洗濯物が回らず汚れが落ちにくくなったり、少なすぎる量の水で洗うと、再汚染(一度落ちた汚れが再び繊維に付く)が発生しやすくなったりします。 ※タオルカラーはサンプルです。
2018_05_11L-12-min

 
肌に直接触れるものなので、肌にやさしい弱アルカリ性の純石鹸(添加物のない脂肪酸ナトリウム)で洗います。弱アルカリ性の石鹸はタンパク汚れ(皮脂や汗など)に強く、タオルの洗濯に適しています。天然由来の厳選した材料から作られた石鹸は、不快なニオイを残さず、また油脂に含まれる天然の保湿成分が微量残ることで、肌に対してとてもやさしい洗い上がりとなります。
2018_05_11L-2-min

 
新品のタオルを洗うということで、綿を傷めずキレイに仕上げることを目的に、洗濯機の設定は弱めです。高い温度で洗うと繊維を傷めるので、30℃のぬるま湯ではゆっくりの回転速度で5分程度、やさしく洗います。特に頑固な汚れを落としたい場合は、40℃以上のお湯に石鹸を溶かし、30分以上つけ置きします。その後排水をし、汚れを浮かせてから洗濯機を回します。そうする事で、洗濯物を動かさず(傷めず)汚れにアタックできます。
2018_05_11L-3-min

 
かんきつ類や梅干しなどに多く含まれるクエン酸を水に溶かして加えます。弱アルカリ性になった洗濯物に酸性のクエン酸を加え、中和させます。そうすることで、柔軟剤を使わずに、しっとりとした風合いに仕上げます。
2018_05_11L-4-min
2018_05_11L-5-min

 
石鹸をできる限り残さないために、たっぷりの水で充分にすすぎを行ってください。
2018_05_11L-13-min
2018_05_11L-14-min
2018_05_11L-8-min

 
ここから乾燥を行います。タオルを干す前にパタパタとよく振ってパイルを起こします。空気を入れてパイルを起こすことで、乾燥後のふわふわに仕上がります。Licueでは手でタオルを振る代わりに、乾燥機で3分程送風し空気を入れます。
2018_05_11L-7-min
2018_05_11L-15-min

 
まずは日陰干しで自然乾燥をします。乾燥機での過度のタオルへの負担を軽減するため、自然乾燥をしたのちに乾燥機にかけます。また、仕上げに乾燥機をかけることで、自然乾燥中についたホコリや余分な毛羽を落とす狙いがあります。ちなみに、縮みが気になる衣類の場合は、先に乾燥機をかけて、20%水分が残っている状態で自然乾燥に切り替えることをオススメします。衣類を傷めず乾かすことができます。
2018_05_11L-16-min

 
タオルをうっすら湿った状態になるまで干したら、仕上げにを高温で15 分程度乾燥機にかけます。圧倒的な風量で乾燥させてる事で、よりパイルが空気を含むので立ちあがり、ふわふわの仕上がりになります。乾かしながら空気を含ませることができるので、乾燥のしすぎも防げます。乾燥しすぎて水分が完全になくなると、繊維が硬くなってしまったり、静電気を発生させホコリを吸い上げる原因となります。また、Licue ではボイラーの熱で乾燥させるので、乾燥機特有のニオイもあまりしません。繊維を傷まないように適正な温度で適正な時間、乾燥機にかけるのが大切です。
2018_05_11L-19-min
2019_g01
2018_05_11L-22-min

 
丁寧に検品をします。
2019_g02
2018_05_11L-21-min

 
肌触りも滑らかでふっくらしたタオルに仕上がりました!
2019_g03

 
どんなものを洗うかや汚れ具合で洗い方を変えないとダメだよね。教科書どおり洗っていては衣類のためにはならない。愛だよね。自分で洗うからこそ生まれる愛着がある。と、Licue の洗濯士・永井良房さん。
2018_05_11L-18-min
2018_05_11L-1-min

 


 

育ちはじめたその瞬間をお届けします。

こうしてプロの技術で育ちはじめた「育てるタオル」をお求めいただけます。

「育てるタオル」Online Storeでお取り扱いしております。

Share :