育てるタオル

Interview 愛用者インタビュー Fan/006 「ニュアンス感のあるカラーバリエーションが絶妙で大好き!」

贄田梓乃(にえだ しの)さん

ネイリスト

育てるタオルとの出会いは?

Fan/006 贄田さん

贄田:7~8年前かな?本当に初期の初期…ですね。その頃勤めていたネイルサロンで、施術に使うタオルやトイレで手を拭く用のタオルをお店のロゴを入れて作っていました。その時のタオルはゴワつきやすかったので、「こういう良いタオルがありますよ」と初期の育てるタオルをサロンのオーナーに紹介し、オーナーも「いいね!」ということで、お客様が手を拭くタオルとして使わせていただきました。施術でも手のケアをしたときや最後のハンドマッサージをするときに包まれると気持ち良いタオルとしても使っていました。

インタビュアー:サロンでのお客様の反応はどうでしたか?

贄田:育てるタオルを知っていて気づいてくださる方や、使用感を気に入って「どこで買えるの?」と聞かれることもありました。旅行好きのお客様からは「ホテルのタオルは重くて使いにくいことが多いから、軽くて乾きやすい育てるタオルを絶対1枚持っていくようになった」という話も聞いたことがありました。

インタビュアー:そうなんですね!それは嬉しいです!贄田さんはサロンで使う以外に個人的にも使っていましたか?

贄田:元々個人的に使っていて、サロンのオーナーに紹介したという感じですね。

タオルへのこだわりは?

Fan/006 贄田さん

贄田:特にブランドなどにこだわっているわけではないけれど、使い心地やなんとなく落ち着くなと思うタオルは小さい頃からあります。それこそブランケットは赤ちゃんの時から使っているものを今でも持っています。

インタビュアー:タオルに一番気をつかっていることはありますか?

贄田:軽い、乾きやすいというのはやっぱり使いやすいなと思います。もちろん吸水性も。

インタビュアー:サイズや色に何かこだわりはありますか?

贄田:サイズは特に…でも色はやっぱり好きな色を使いたい、傍に置いておきたいというこだわりはありますね。

インタビュアー:どんな色が好きですか?

贄田:ピンクが好きだけど、ピンクならなんでも良いわけではなく、色味のこだわりは強いです。家族で使い分ける時も何でも良いわけではなく、並んでいておしゃれな色、使っていて嬉しいなという色を選びたくなります。

インタビュアー:今はどのサイズを使っていますか?

贄田:家ではバスタオルとフェイスタオル、あと持ち歩く時はプチフェイスも。口が開いてしまうようなバッグの時には、目隠しもかねてバッグの上に置いてます。使いやすくてよく使っています。

育てるタオルの好きなところ

インタビュアー:育てるタオルのどんなところが好きですか?

贄田:やっぱり軽いところ!吸水しつつ軽くてふわふわで…あとは色かな!なかなか他のタオルにはない、ニュアンス感のあるカラーバリエーションが絶妙で大好きです!

インタビュアー:何色が好きですか?

贄田:すごく迷う!いつも買うとき迷うんですよ。同じ色で揃えたくもなるし、でもどの色もかわいいから、シリーズでいろんな色を置いておきたい気もするし…プレゼント選びでもいつも悩んでしまって。でもそれもまた楽しいです。

インタビュアー:今いくつかシリーズがありますが、その中でまだ使ったことがないシリーズはありますか?

贄田:yellow ribbon使ったことないです。あとMARQUEもハンカチは持っていますが、大きいサイズは使ったことないです。

インタビュアー:次に試したいものはありますか?

贄田:どれも試したいけど、ローブやブランケットも使ってみたい!でもこの間showroomに行ったときにyellow ribbonの黄色が可愛くてテンションが上がったので、欲しいなと思いました。

ギフト選びについて

Fan/006 贄田さん

インタビュアー:ギフト選びで大事にしていることはありますか?

贄田:あげる人が使いやすいものや使ってもらいやすいものがいいなと思うし、相手のイメージに何が合うかよく考えます。パッケージやラッピングが素敵なものもギフトとしてあげたいなと思います。

インタビュアー:タオルってギフトとして渡しやすいですか?

贄田:渡しやすいですね、特にコロナ禍になってからは。タオルって人によって“白しか使わない”とかこだわりは多少あるかもしれないけど、ブランドが違っても全然使わないということにはなりづらいのかなと思います。あとプチフェイスとかはサイズ感が珍しいので、他のタオルをいっぱい持っていても渡しやすいですね。

インタビュアー:一番のおすすめポイントを教えてください。

贄田:おすすめポイントは色々あるから悩むけど…「使いやすい」が一番かなぁ。ふわふわ感、新しいものと洗った後のボリューム感を体感してほしいなと思います。それが目に見えて分かりやすいし、持っていないとそのすごさが分からないから是非体感してほしいです!

インタビュアー:育てるタオルをもらって「開けるのがもったいない」と箱から出せなくて飾っている方が結構いらっしゃるみたいで、使わないと分からないので是非使っていただいて感じてほしいですね!

贄田:そうなんですよ。使わないと分からない!でも置いておきたい気持ちもすごく分かります!私も一回開けて「かわいい~」「色がいい~」と言って、一回戻す。それで数日間楽しんだ後に使う、みたいな感じです。

インタビュアー:今後こんなサイズ、こんな時に使えるものがあるといいなというものはありますか?

贄田:ベビーっぽい色味やサイズ感のシリーズがあると、もっとギフトに選びやすいかなと思います。もっと色々な人にあげたいです!(*現在、ベビーラインも登場してシリーズが増えております。)

贄田さん、ありがとうございました。

Fan/006 贄田さん

ネイリスト贄田さんならではの色へのこだわり、お客様とのタオルについてのコミュニケーション、そして相手のことを思いながらのギフト選び。どれもとても参考になるお話ばかりでした。 贄田さんのネイルサロンはこちら。Radiant nail&beauty

丁寧なカウンセリングでライフスタイルやお悩みに合わせたケア&ネイル、リクライニングチェアで寛げる空間が人気のデンタルクリニック併設ネイルサロン。ケア施術では育てるタオルを使っています。

SERIES

  • feel
  • MARQUE
  • yellow ribbon
  • 24/7
  • Fais moi calin

ITEM

バスタオル
フェイスタオル
ハンドタオル
タオルケット
バスローブ
スポーツタオル
雑貨
ウェア
アウトレット

COLLABORATION

stojo
DECOR
トリバコーヒー
アロナチュラ
クレイド
カメヤマキャンドル
SHIHO

CONTENTS

育てるタオルのギフトサービス
えほんでわかる「育てる暮らし」
愛用者interview
コラボレーションinterview