About Sodateru

正しいタオルの育て方

  • 触れる

    上質の肌触りが
    楽しめる!

  • 洗う

    糸が膨らむ
    ことで……

  • 使う

    驚きの
    ふんわり感が
    味わえる!

  • さらに洗う

    もっとふんわり
    していき……

  • さらに使う

    もっと
    好きになる!

洗うたびにふんわり、洗うたびに愛おしい

使いこむほどに
育っていく究極のタオル

「育てるタオル」は、綿糸「スポンジーコットン100」を使っています。
一般的なタオルは、一定方向に撚った糸で織られています。
それに対し、「スポンジーコットン100」は、
一度撚った糸に逆回転をかける特殊技術により、空気の層が倍増します。

  • コットンの束をねじって撚り(ねじりあわせる)、コットン糸が完成。600回転/mの撚りを入れます。

  • コットン糸に水溶性糸(※1)を合わせ、逆方向に600回転/m、さらに同方向に600回転/m撚りをかけ、パイルとして織り込みます。

  • 水洗いをし、水溶性の糸のみ溶かします(※2)

  • 反動で膨張します

※1水溶性糸:クラレトレーディング社が開発した「ミントバール」を使用。

※2 低分子量ポリマーが原料のため、溶け残りがなく、また生分解性をもっており、環境にやさしい素材です。

これにより、糸の隙間にたっぷり空気を含んだ「育てるタオル」が完成するのです。

この技術は、現在、世界7ヵ国で国際特許を取得しています。

この技術は、現在、世界7ヵ国で

国際特許を取得しています。

だから……

About Sodateru

#1洗うたびに、
ふんわり、ふっくら育ちます

<洗うたびに空気を含み、ふんわりと成長していきます>
一般的なタオルは、使っていくうちに薄くなったり固くなったり、
徐々にふんわり感が失われていきます。ところが、「育てるタオル」は、その逆。
洗うたびに糸は空気を含み、膨らんでいきます。
タオルが育つようすを、見た目にも感じられます。

About Sodateru

#2吸水力と速乾性も、
育っていきます

タオルの糸が空気を含み、膨らむと、吸水性や速乾性も高くなっていきます。
使い込むほど、スーッと優しく水分を吸ってくれる。
そして、使い込むほど、すぐに乾いてくれる。
「育てるタオル」は、そんな楽しい驚きを体験できるタオルなのです。

About Sodateru

#3毛羽落ちが少なく、
いつまでも長く使えます

毛羽落ちが少なければ少ないほど、繊維の「痩せ」も少なく、
柔らかい風合いや吸水力などが持続します。
「育てるタオル」の糸は一般的なタオルの倍くらい強く撚った特殊技術で作られます。
その結果、ふんわり感を保ちながら、毛羽落ちを少なくすることに成功し、
長く使ってもらえるタオルとなりました。

About Sodateru

#4驚きの軽さが、
使いやすさを生んでいます

「育てるタオル」の驚きの1つ、それは軽さ。
糸が空気を含んでいるから、見た目はふんわり、ふっくらしているのにとても軽いのです。
この軽さが、毎日の使いやすさにつながり、
気がつけば長く愛用するアイテムとなっていくのです。

「育てるタオル」は、
こうするとさらに育ちます

たっぷりのお水で洗濯しましょう

たっぷりのお水で

洗濯しましょう

洗濯機いっぱいに洗い物を詰めて洗濯するよりも、たっぷりの水を使い、余裕ある量で洗ったほうが、タオルが育ちます。

柔軟剤は必要ありません

上質でパイルの長さがあるタオルなら、柔軟剤を使わなくてもじゅうぶんふんわり。むしろ使用することで糸をコーティングしてしまい、吸水性が下がることがあります。

日陰干しがベター

長時間の直射日光は、繊維を固くし、紫外線が色を褪せさせてしまいます。風通しの良い場所でパタパタとはためかせて陰干しをすると、パイルが空気を含みふんわりとした柔らかさを保つことができます。

ドラム式洗濯機の場合

ドラム式の洗濯機をお使いの場合はネットに入れてください。一緒に洗うものによっては、糸引きや糸切れの原因になってしまいますので。

糸が飛び出して


しまったときは・・・

糸引きや糸切れを見つけたら、ハサミでやさしくカットしてください。カットしてもほつれる心配はありません。